三重県松阪市の整骨・鍼灸治療なら五島整骨院におまかせ

五島整骨院の診療時間

時間外の施術も相談に応じます!

0598-51-1778お電話は受付時間内でお願い致します

お問い合わせはこちら

ごしまのブログ

応急処置

院長コラム

当院は学生からプロの方まで、スポーツ外傷をたくさん治療させていただいております。

その中で学生さんに多いのですが、受傷直後にどうしたらよいか分からない方がほとんどです。

お風呂に入ってしまって、かなり腫れてしまって来院される方もみえます。

ですので、どうしたらいいのかサクッとご説明させていただきます。

 

 

「ケガ」人が出たとき、病院や診療所にかかるまでの間、損傷部位の障害を最小限にとどめるためにおこなう方法で「応急処置(RICE 処置)」というものがあります。

この応急処置は、早期スポーツ復帰に欠かせないものです。 しかし応急処置をしなかったり、不適切な処置をおこなうと復帰までに時間がかかります。

外傷を受けたときなどの応急処置として、腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患部を安静(Rest)にし、氷で冷却(Icing)し、弾性包帯もしくはテーピングで圧迫(Compression)し、患肢を挙上すること(Elevation)が基本です。 RICEはこれらの頭文字をとったもので、スポーツを始め、外傷の緊急処置の基本です。RICE処置は、四肢の捻挫や肉離れなどに行います。

1.安静(Rest)

損傷部位の腫脹(はれ)や血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。

副子やテーピングにて、損傷部位を固定します。

2.冷却(Icing)

腫脹を抑えることが目的です。

ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、患部を冷却します。

15~20分冷却したら(患部の感覚が無くなったら)はずし、また痛みが出てきたら冷やします。

これを繰り返します(1から3日間)

その間湯船で温めるなどはやめましょう!!

3.圧迫(Compression)

患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的です。スポンジやテーピングパッドを腫脹が予想される部位にあて、テーピングや弾性包帯で軽く圧迫気味に固定します。

締めすぎになることもあるので、指先や血色はマメにチェックしましょう。

4.挙上(Elevation)

腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図ることが目的です。損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。

 

これらのことをまず行っていただき、五島整骨院にご来院ください。必ず復帰も早まりますよ!!